浄化槽清掃業の許可申請者と浄化槽法(平成3年法律第95号による改正前のもの)36条2号ホ

(平成5年9月21日最高裁)

事件番号  平成4(行ツ)122

 

 

最高裁判所の見解

原審が適法に確定したところによれば、上告人は、

浄化槽の清掃により生ずる汚泥等の収集、運搬につき、

これをするために必要な一般廃棄物処理業の許可を有せず、また、

他の一般廃棄物処理業者に業務委託すること等により

適切に処理する方法も有していないというのである。

 

右の事実関係の下においては、上告人には、

浄化槽の清掃業の業務に関し不正又は不誠実な

行為をするおそれがあると認めるに足りる相当の理由があり、

浄化槽法(平成三年法律第九五号による改正前のもの)

三六条二号ホ所定の事由があるというべきである。

 

したがって、本件不許可処分に違法はなく、

これと同旨の原審の判断は、正当として是認することができ、

原判決に所論の違法はない。論旨は採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク