特別抗告の効力

(平成6年12月8日最高裁)

事件番号  平成6(し)170

 

最高裁判所の見解

記録によれば、浦和簡易裁判所裁判官は、

平成六年一一月二五日、申立人に対する勾留に代わる

観護措置を取り消す旨の裁判をし、その準抗告審裁判所は、同日、

右裁判を取り消し、申立人からの右観護措置取消し請求を却下したところ、

同月二八日、準抗告審の裁判に対し本件特別抗告が

申し立てられたものであるが、同月二九日、

右観護措置がとられた事件が

浦和家庭裁判所に送致されたことが明らかであるから、

右勾留に代わる観護措置に関する本件申立ては、

現時点においては、もはや法律上の利益を欠き、

不適法というべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク