目隠しフェンス設置等請求事件

(平成22年6月29日最高裁)

事件番号  平成21(受)1709

 

この裁判は、

葬儀場の営業を行う業者が,その近隣に

居宅を共有してこれに居住する者に対し,

上記居宅から葬儀場の様子が見えないようにするための

目隠しを設置する措置を

更に講ずべき義務も,葬儀場の営業についての

不法行為責任も負わないとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

(1) 前記事実関係等によれば,

本件葬儀場と被上告人建物との間には

幅員15.3mの本件市道がある上,被上告人建物において

本件葬儀場の様子が見える場所は

2階東側の各居室等に限られるというのである。

 

しかも,前記事実関係等によれば,本件葬儀場において

告別式等が執り行われるのは1か月に20回程度で,上告人は,

棺の搬入や出棺に際し,霊きゅう車等を

本件葬儀場建物の玄関先まで近付けて

停車させているというのであって,

棺の搬入や出棺が,速やかに,ごく短時間のうちに

行われていることは明らかである。

 

そして,本件葬儀場建物の建築や本件葬儀場の

営業自体は行政法規の規制に反するものではなく,

上告人は,本件葬儀場建物を建設することについて

地元説明会を重ねた上,本件自治会からの要望事項に配慮して,

目隠しのための本件フェンスの設置,入口位置の変更,防音,

防臭対策等の措置を講じているというのである。

 

(2) これらの事情を総合考慮すると,被上告人が,

被上告人建物2階の各居室等から,本件葬儀場に

告別式等の参列者が参集する様子,棺が本件葬儀場建物に

搬入又は搬出される様子が見えることにより,

強いストレスを感じているとしても,

これは専ら被上告人の主観的な不快感にとどまるというべきであり,

本件葬儀場の営業が,社会生活上受忍すべき程度を超えて

被上告人の平穏に日常生活を送るという利益を

侵害しているということはできない。

 

そうであれば,上告人が被上告人に対して

被上告人建物から本件葬儀場の様子が

見えないようにするための目隠しを設置する措置を

更に講ずべき義務を負うものでないことは,

もとより明らかであるし,上告人が被上告人に対して

本件葬儀場の営業につき不法行為責任を

負うこともないというべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク