相手方の同意を得ないで相手方との会話を録音したテープの証拠能力

(平成12年7月12日最高裁)

事件番号  平成11(あ)96

 

最高裁判所の見解

本件で証拠として取り調べられた録音テープは、

被告人から詐欺の被害を受けたと考えた者が、

被告人の説明内容に不審を抱き、後日の証拠とするため、

被告人との会話を録音したものであるところ、

このような場合に、一方の当事者が相手方との会話を録音することは、

たとえそれが相手方の同意を得ないで行われたものであっても、

違法ではなく、右録音テープの証拠能力を争う所論は、理由がない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク