簡易生命保険証書の騙取と詐欺罪の成否

(平成12年3月27日最高裁)

事件番号  平成9(あ)11

 

最高裁判所の見解

簡易生命保険契約の事務に従事する係員に対し、

被保険者が傷病により入院中であること又は被保険者につき

既に法定の保険金最高限度額を満たす簡易生命保険契約が

締結されていることを秘して契約を申し込み、

同係員を欺罔して簡易生命保険契約を締結させ、

その保険証書を騙取した行為について、

刑法(平成七年法律第九一号による改正前のもの)二四六条一項の

詐欺罪の成立を認めた原判決の判断は、正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク