精神神経科の医師の患者に対する言動とPTSD(外傷後ストレス障害)の相当因果関係

(平成23年4月26日最高裁)

事件番号  平成21(受)733

 

この裁判は、

精神神経科の医師の患者に対する言動と上記患者が上記言動に接した後に

PTSD(外傷後ストレス障害)と診断された症状との間に

相当因果関係があるということはできないとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

前記事実関係等によれば,A医師の本件言動は,

その発言の中にやや適切を欠く点があることは否定できないとしても,

診療受付時刻を過ぎて本件面接を行うことになった当初の目的を超えて,

自らの病状についての訴えや質問を繰り返す被上告人に

応対する過程での言動であることを考慮すると,

これをもって,直ちに精神神経科を受診する患者に対応する医師としての

注意義務に反する行為であると評価するについては

疑問を入れる余地がある上,これが被上告人の生命身体に危害が及ぶことを

想起させるような内容のものではないことは明らかであって,

前記のPTSDの診断基準に照らすならば,

それ自体がPTSDの発症原因となり得る

外傷的な出来事に当たるとみる余地はない。

 

そして,A医師の本件言動は,被上告人がPTSD発症の

そもそもの原因となった外傷体験であると主張する

本件ストーカー等の被害と類似し,又は

これを想起させるものであるとみることもできないし,

また,PTSDの発症原因となり得る外傷体験のある者は,

これとは類似せず,また,これを想起させるものともいえない

他の重大でないストレス要因によってもPTSDを

発症することがある旨の医学的知見が認められているわけではない。

 

なお,C医師は,平成16年2月10日の初診時に,

被上告人がPTSDを発症していると診断しているが,

この時の被上告人の訴えは平成15年1月に b 市立病院の精神科で

診察を受けた時以来の訴えと多くの部分が共通する上,

上記初診時の診療録には,

A医師の本件言動を問題にする発言は記載されていない。

 

以上を総合すると,A医師の本件言動と被上告人に

本件症状が生じたこととの間に相当因果関係が

あるということができないことは明らかである。

 

被上告人の診療に当たっているC医師が,

A医師の本件言動が再外傷体験となり,

被上告人がPTSDを発症した旨の診断をしていることは,

この判断を左右するものではない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク