職員の普通地方公共団体に対する賠償責任の有無及び範囲

(平成6年11月8日最高裁)

事件番号  平成5(行ツ)145

 

最高裁判所の見解

原審の適法に確定した事実関係の下において、

被上告人がa町に対して負担する賠償責任の有無及び範囲は

本件賠償命令の命ずるところに限られるとした

原審の判断は、正当として是認することができる。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク