自動車運転者の注意義務

(平成5年10月12日最高裁)

事件番号  平成3(あ)1204

 

最高裁判所の見解

一 原判決及びその是認する第一審判決の認定によると、

(1)被告人は、普通乗用自動車に妻を同乗させて運転中、

交差点から約五〇メートル手前の地点で信号待ちのために

前車に追随して停止し、同所で妻を後部左側ドアから降車させようとした、

(2)同所付近は、交通頻繁な市街地域であり、かつ、

被告人車と左側歩道との間には約一・七メートルの通行余地があった、

(3)被告人は、単に自車左側のフェンダーミラーを一べつしたのみで、

後方から接近する車両はないものと考え、

妻に対して降車の指示をし、これに従って

同女が不用意に後部左側ドアを開けたところ、

後方から走行してきた被害者運転の原動機付自転車が

ドア先端部に衝突し、被害者が傷害を負った、というのである。

 

二 右のような状況の下で停車した場合、自動車運転者は、

同乗者が降車するに当たり、フェンダーミラー等を通じて

左後方の安全を確認した上で、開扉を指示するなど

適切な措置を採るべき注意義を負うというべきであるところ、

被告人は、これを怠り、進行してくる被害者運転車両を看過し、

そのため同乗者である妻に対して適切な指示を

行わなかったものと認められる。

 

この点に関して被告人は、公判廷において、

妻に対して「ドアをばんと開けるな。」と言った旨供述するが、

右の言辞が妻に左後方の安全を確認した上でドアを開けることを

指示したものであるとしても、前記注意義務は、

被告人の自動車運転者としての立場に基づき

発生するものと解されるから、同乗者に

その履行を代行させることは許されないというべきであって、

右のように告げただけでは、

自己の注意義務を尽くしたものとはいえない。

 

これと同旨の見解に立つて、

被告人の過失を肯認した原判断は、正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク