自己を被保険者とする生命保険契約の契約者が死亡保険金の受取人を変更する行為と民法1031条

(平成14年11月5日最高裁)

事件番号  平成11(受)1136

 

最高裁判所の見解

自己を被保険者とする生命保険契約の契約者が

死亡保険金の受取人を変更する行為は,

民法1031条に規定する遺贈又は贈与に当たるものではなく,

これに準ずるものということもできないと解するのが相当である。

 

けだし,死亡保険金請求権は,指定された保険金受取人が

自己の固有の権利として取得するのであって,

保険契約者又は被保険者から承継取得するものではなく,

これらの者の相続財産を構成するものではないというべきであり

(最高裁昭和36年(オ)第1028号同40年2月2日

第三小法廷判決・民集19巻1号1頁参照),また,

死亡保険金請求権は,被保険者の死亡時に初めて発生するものであり,

保険契約者の払い込んだ保険料と等価の関係に立つものではなく,

被保険者の稼働能力に代わる給付でもないのであって,

死亡保険金請求権が実質的に保険契約者又は被保険者の財産に

属していたものとみることもできないからである。

 

これと同旨の見解に基づき,上告人らの

予備的請求を棄却すべきものとした原審の判断は,

正当として是認することができ,原判決に所論の違法はない。

論旨は採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク