薬事法2条1項2号,3号にいう「医薬品」の意義と憲法21条1項

(平成11年3月26日最高裁)

事件番号  平成8(あ)797

 

最高裁判所の見解

上告趣意のうち、憲法二一条一項違反をいう点は、原判決のように、

本件「明治ネオカルシウム」等について販売の際の演述・宣伝などをも

総合して薬事法二条一項二号又は三号の医薬品に当たるとし、

被告会社の代表者がその業務に関してした行為につき

同法二四条一項違反の罪の成立を肯定しても、

憲法の右条項に違反しないことは、

当裁判所大法廷判例(昭和二九年(あ)第二八六一号同三六年二月一五日判決・

刑集一五巻二号三四七頁)の趣旨に徴して明らかであるから、

理由がなく、憲法一四条一項違反をいう点は、記録を調べても

所論のいうような差別的取扱いをした事実は認められず、

憲法三二条、三七条一項違反をいう点は、

書証の作成者を証人として尋問することが所論のいうように

不可能であるとはいえないから、いずれも前提を欠き、

その余は、憲法二九条、三一条違反をいう点を含め、

実質は事実誤認、単なる法令違反の主張であって、

適法な上告理由に当たらない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク