行政事件訴訟法25条2項に規定する回復の困難な損害

(平成16年5月31日最高裁)

事件番号  平成16(行フ)3

 

最高裁判所の見解

退去強制令書の収容部分の執行により被収容者が受ける損害は,

当然には行政事件訴訟法25条2項に規定する

回復の困難な損害に当たるとはいえないところ,

相手方らの主張するところによっても,

本件各令書の収容部分の執行により相手方らが受ける損害は,

いずれも社会通念上金銭賠償による回復をもって満足することも

やむを得ないものというべきであり,

上記の回復の困難な損害に当たるということはできず,

本件各令書の収容部分の執行を

停止すべき緊急の必要があるとはいえない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク