行政事件訴訟法25条2項の執行停止の申立て

(平成22年11月25日最高裁)

事件番号  平成22(行ト)63

 

この裁判では、

検察審査会法41条の6第1項所定の検察審査会による

起訴をすべき旨の議決の適否につき

行政事件訴訟を提起して争い,これを本案とする

行政事件訴訟法25条2項の

執行停止の申立てをすることができるかについて

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

検察審査会法41条の6第1項所定の

検察審査会による起訴をすべき旨の議決は,

刑事訴訟手続における公訴提起(同法41条の10第1項)の前提となる

手続であって,その適否は,

刑事訴訟手続において判断されるべきものであり,

行政事件訴訟を提起して争うことはできず,

これを本案とする行政事件訴訟法25条2項の

執行停止の申立てをすることもできない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク