スポンサードリンク

【判例】被担保債権の範囲を「信用金庫取引による債権」として設定された根抵当権の被担保債権と保証債権 (平成5年1月19日最高裁)被担保債権の範囲を「信用金庫取引による債権」として設定された根抵当権の被担保債権と保証債権

(平成5年1月19日最高裁)

事件番号  平成1(オ)1468

 

最高裁判所の見解

被担保債権の範囲を「信用金庫取引による債権」として

設定された根抵当権の被担保債権には、

信用金庫の根抵当債務者に対する保証債権も

含まれるものと解するのが相当である。

 

けだし、信用金庫取引とは、一般に、法定された

信用金庫の業務に関する取引を意味するもので、

根抵当権設定契約において合意された「信用金庫取引」の

意味をこれと異なる趣旨に解すべき理由はなく、

信用金庫と根抵当債務者との間の取引により生じた債権は、

当該取引が信用金庫の業務に関連してされたものと認められる限り、

すべて当該根抵当権によって担保されるというべきところ、

信用金庫が債権者として根抵当債務者と保証契約を締結することは、

信用金庫法五三条三項に規定する

「当該業務に付随する…その他の業務」に当たるものと解され、

他に、信用金庫の保証債権を根抵当権の被担保債権から

除外しなければならない格別の理由も認められないからである。

 

原審は、根抵当権設定契約において合意された

「信用金庫取引」の範囲は、信用金庫の行う与信取引又は

信用金庫と取引先(根抵当債務者)との間で交わされた

信用金庫取引約定書の適用範囲に限定されるとの前提に立った上、

信用金庫を債権者とし取引先を保証人とする保証契約は、

信用金庫の取引先に対する与信行為に準ずるものとして

信用金庫取引約定書の適用範囲に含まれると一般に解釈され、

当該取引界における商慣習として定着していると判示し、

このことを理由に、本件根抵当権の被担保債権には

原判示の保証債権も含まれると判断しているところ、

根抵当権の被担保債権の範囲を画する「信用金庫取引」の意味は

前述のとおりであって、これを信用金庫の行う

与信取引に限定すべき根拠は見出し難く、また、

被担保債権の範囲を画するのは、根抵当権設定契約であって、

信用金庫取引約定書ではない(民法三九八条ノ二第二項所定の

「一定ノ種類ノ取引」は、被担保債権の具体的範囲を画すべき基準として

第三者に対する関係においても明確であることを要するから、

根抵当権設定契約において具体的に特定された「取引」の範囲が、

当事者の自由に定め得る別個の契約の適用範囲によって

左右されるべきいわれはない)から、

この点に関する原判決の理由説示は適切を欠くが、

その結論は正当として是認することができる。

 

論旨は、独自の見解に立って原判決を論難するか、

又は原判決の結論に影響のない事項についての違法をいうに帰し、

採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク