訴訟の当事者が民訴法209条1項の過料の裁判を求める申立権の有無

(平成17年11月18日最高裁)

事件番号  平成17(ク)626

 

最高裁判所の見解

抗告人は,抗告人と被審人を代表者とする会社との間の

民事訴訟事件において被審人が宣誓の上虚偽の陳述をしたとして,

民訴法209条1項の規定により被審人を

過料に処する旨の裁判を求める申立てをしたところ,

原裁判所は,被審人を処罰しない旨の決定をした。

 

本件抗告は,上記決定に対する抗告人の不服申立てであるが,

同項に規定する過料の裁判は,裁判所が職権によって行うものであり,

訴訟の当事者はその裁判を求める申立権を

有しないものと解するのが相当である。

 

したがって,抗告人の上記過料の裁判の申立ては,

原裁判所に職権の発動を求める効果を有するにすぎない。

 

そうすると,抗告人は,上記決定に対し不服を申し立てることは

許されないものというべきであり,本件抗告は,

不適法として却下を免れない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク