訴訟終了宣言決定に対する異議申立て棄却決定に対する特別抗告

(平成9年5月30日最高裁)

事件番号  平成9(し)40

 

最高裁判所の見解

本件抗告の趣意のうち、判例違反をいう点は、

所論引用の判例は事案を異にし本件に適切でなく、

憲法三七条三項違反をいう点は、記録によれば、

所論指摘の弁護人の弁護活動に申立人の

権利保護に欠ける点があったと認めることはできないから、

前提を欠き、その余は、違憲をいうが、

実質は単なる法令違反の主張であって、

刑訴法四三三条の抗告理由に当たらない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク