訴訟費用の裁判と刑訴法501条にいう「裁判」

(平成6年2月23日最高裁)

事件番号  平成5(し)175

 

最高裁判所の見解

本件抗告の趣意のうち、判例違反をいう点は、

所論引用の判例は判決主文のすべてについて

刑訴法五〇一条の申立てができるとの趣旨まで

判示したものではない(同条にいう「裁判」には

訴訟費用の裁判は含まれないと解するのが相当である。)

から、所論は前提を欠き、その余も、違憲をいう点を含め、

いずれもその前提を欠き、同法四三三条の抗告理由に当たらない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク