譲渡担保権者と滌除権

(平成7年11月10日最高裁)

事件番号  平成4(オ)1128

 

最高裁判所の見解

譲渡担保権者は、担保権を実行して確定的に

抵当不動産の所有権を取得しない限り、

民法三七八条所定の滌除権者たる第三取得者には該当せず、

抵当権を滌除することができないものと解するのが相当である。

 

けだし、滌除は、抵当不動産を適宜に評価した金額を

抵当権者に弁済することにより抵当権の消滅を要求する権限を

抵当不動産の第三取得者に対して与え、

抵当権者の把握する価値権と第三取得者の有する用益権との

調整を図ることなどを目的とする制度であるが、

抵当権者にとっては、抵当権実行時期の選択権を奪われ、

増価による買受け及び保証の提供などの負担を伴うものであるところから、

民法三七八条が滌除権者の範囲を

「抵当不動産ニ付キ所有権、地上権又ハ永小作権ヲ取得シタル第三者」

に限定していることにかんがみれば、

右規定にいう滌除権者としての「所有権ヲ取得シタル第三者」とは、

確定的に抵当不動産の所有権を取得した

第三取得者に限られるものと解すべきである。

 

そして、不動産について譲渡担保が設定された場合には、

債権担保の目的を達するのに必要な範囲内においてのみ

目的不動産の所有権移転の効力が生じるにすぎず、

譲渡担保権者が目的不動産を確定的に自己の所有とするには、

自己の債権額と目的不動産の価額との清算手続をすることを要し、他方、

譲渡担保設定者は、譲渡担保権者が

右の換価処分を完結するまでは、被担保債務を弁済して

目的不動産を受け戻し、その完全な所有権を回復することが

できるのであるから

(最高裁昭和五五年(オ)第一五三号

同五七年一月二二日第二小法廷判決・

民集三六巻一号九二頁、最高裁昭和五六年(オ)第一二〇九号

同五七年九月二八日第三小法廷判決・

裁判集民事一三七号二五五頁、

最高裁平成元年(オ)第一三五一号同五年二月二六日第二小法廷判決・

民集四七巻二号一六五三頁)、

このような譲渡担保の趣旨及び効力にかんがみると、

担保権を実行して右の清算手続を完了するに至らない譲渡担保権者は、

いまだ確定的に目的不動産の所有権を取得した者ではなく、

民法三七八条所定の滌除権者たる

第三取得者ということができないからである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク