販売される商品の品質に対する社会的な信頼と刑法233条にいう「信用」

(平成15年3月11日最高裁)

事件番号  平成14(あ)1198

 

最高裁判所の見解

刑法233条が定める信用毀損罪は,

経済的な側面における人の社会的な評価を保護するものであり,

同条にいう「信用」は,人の支払能力又は

支払意思に対する社会的な信頼に限定されるべきものではなく,

販売される商品の品質に対する社会的な信頼も含むと

解するのが相当であるから,

これと異なる上記大審院の各判例は,

いずれもこれを変更し,原判決を維持すべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク