農地の賃借権の時効取得と農地法3条の適用の有無

(平成16年7月13日最高裁)

事件番号  平成14(受)1459

 

最高裁判所の見解

本件は,上告人が,本件土地の所有権に基づき,被上告人に対し,

その明渡しを求める訴訟である。上告人は,

前記賃貸借契約は,農地法3条1項所定の許可を受けないでしたものであるから,

その効力を生じない旨を主張した。

 

これに対し,被上告人は,時効による賃借権の取得については

上記許可は不要である旨を主張し,本件訴訟において,

賃借権の取得時効を援用した。

 

3(1) 他人の土地の継続的な用益という外形的事実が存在し,かつ,

それが賃借の意思に基づくものであることが

客観的に表現されているときは,民法163条の規定により,

土地賃借権を時効により取得することができるものと解すべきである

(最高裁昭和42年(オ)第954号同43年10月8日

第三小法廷判決・民集22巻10号2145頁)。

 

他方,農地法3条は,農地について所有権を移転し,

又は賃借権等の使用及び収益を目的とする権利を設定し,

若しくは移転する場合には,農業委員会又は都道府県知事の許可を

受けなければならないこと(1項),

この許可を受けないでした行為は

その効力を生じないこと(4項)などを定めている。

 

同条が設けられた趣旨は,同法の目的(1条)からみて

望ましくない不耕作目的の農地の取得等の権利の移転又は設定を規制し,

耕作者の地位の安定と農業生産力の増進を図ろうとするものである。

 

そうすると,耕作するなどして農地を継続的に占有している者につき,

土地の賃借権の時効取得を認めるための

上記の要件が満たされた場合において,

その者の継続的な占有を保護すべきものとして

賃借権の時効取得を認めることは,同法3条による

上記規制の趣旨に反するものではないというべきであるから,

同条1項所定の賃借権の移転又は設定には,

時効により賃借権を取得する場合は含まれないと解すべきである。

 

以上によれば,時効による農地の賃借権の取得については,

農地法3条の規定の適用はなく,同条1項所定の許可がない場合であっても,

賃借権の時効取得が認められると解するのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク