道路交通法違反被告事件についてした略式命令に対する非常上告

(平成15年3月6日最高裁)

事件番号  平成14(さ)4

 

最高裁判所の見解

原略式命令の認定した被告人の無免許運転は,

平成13年法律第51号の施行前の行為であるから,

同法附則9条により,罰則の適用については従前の例によるべきところ,

同法による改正前の道路交通法118条1項1号,64条によれば,

無免許運転の罪に係る罰金の法定刑は10万円以下であったから,

これを超過して被告人を罰金30万円に処した原略式命令は,

法令に違反し,かつ,被告人のため不利益である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク