遺言の証人となることができない者が同席してされた公正証書遺言の効力

(平成13年3月27日最高裁)

事件番号  平成10(オ)1037

 

最高裁判所の見解

遺言公正証書の作成に当たり,民法所定の証人が立ち会っている以上,

たまたま当該遺言の証人となることができない者が同席していたとしても,

この者によって遺言の内容が左右されたり,

遺言者が自己の真意に基づいて遺言をすることを妨げられたりするなど

特段の事情のない限り,当該遺言公正証書の作成手続を

違法ということはできず,同遺言が

無効となるものではないと解するのが相当である。

 

ところで,本件において,受遺者であるEの長女のFらが

同席していたことによって,本件遺言の内容が左右されたり,

Dが自己の真意に基づき遺言をすることが妨げられたりした

事情を認めることができないとした原審の認定判断は,

原判決挙示の証拠関係に照らして首肯するに足りる。

 

したがって,本件公正証書による遺言は有効であるというべきであり,

これと同旨の原審の判断は正当であって,

原判決に所論の違法はない。論旨は,採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク