心神喪失の常況にある遺言者の生存中に推定相続人が提起した遺贈を内容とする遺言の無効確認の訴えの適否

(平成11年6月11日最高裁)

事件番号  平成7(オ)1631

 

最高裁判所の見解

1 本件において、被上告人が遺言者である

上告人A1の生存中に本件遺言が

無効であることを確認する旨の判決を求める趣旨は、

上告人A2が遺言者である上告人A1の死亡により

遺贈を受けることとなる地位にないことの確認を求めることによって、

推定相続人である被上告人の相続する財産が

減少する可能性をあらかじめ除去しようとするにあるものと認められる。

 

2 ところで、遺言は遺言者の死亡により初めて

その効力が生ずるものであり(民法九八五条一項)、

遺言者はいつでも既にした遺言を取り消すことができ(同法一〇二二条)、

遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときには

遺贈の効力は生じない(同法九九四条一項)のであるから、

遺言者の生存中は遺贈を定めた遺言によって

何らの法律関係も発生しないのであって、

受遺者とされた者は、何らかの権利を取得するものではなく、

単に将来遺言が効力を生じたときは遺贈の目的物である権利を

取得することができる事実上の期待を有する地位にあるにすぎない

(最高裁昭和三〇年(オ)第九五号同三一年一〇月四日第一小法廷判決・

民集一〇巻一〇号一二二九頁参照)。

 

したがって、このような受遺者とされる者の地位は、

確認の訴えの対象となる権利又は

法律関係には該当しないというべきである。

 

遺言者が心神喪失の常況にあって、回復する見込みがなく、

遺言者による当該遺言の取消し又は

変更の可能性が事実上ない状態にあるとしても、

受遺者とされた者の地位の右のような性質が変わるものではない。

 

3 したがって、被上告人が遺言者である上告人A1の生存中に

本件遺言の無効確認を求める本件訴えは、

不適法なものというべきである。

 

五 そうすると、本件訴えを適法とした原審の判断には

法令の解釈適用を誤った違法があり、

この違法は判決の結論に影響を及ぼすことが明らかであるから、

論旨は理由があり、原判決は破棄を免れない。

 

そして、本件訴えを不適法として却下した

第一審判決は正当であるから、

被上告人の控訴は棄却すべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク