高校の卒業式等の式典で国歌を斉唱することを命じた校長の職務命令と憲法19条

(平成23年6月6日最高裁)

事件番号  平成22(オ)951

 

この裁判は、

公立高等学校の校長が教職員に対し卒業式等の式典における

国歌斉唱の際に国旗に向かって起立し国歌を斉唱することを命じた

職務命令が憲法19条に違反しないとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

本件各職務命令の発出当時,公立高等学校における卒業式等の式典において,

国旗としての「日の丸」の掲揚及び国歌としての「君が代」の斉唱が

広く行われていたことは周知の事実であって,

学校の儀式的行事である卒業式等の式典における

国歌斉唱の際の起立斉唱行為は,

一般的,客観的に見て,これらの式典における

慣例上の儀礼的な所作としての性質を有するものであり,かつ,

そのような所作として外部からも認識されるものというべきである。

 

したがって,上記国歌斉唱の際の起立斉唱行為は,

その性質の点から見て,上告人らの有する歴史観ないし

世界観を否定することと不可分に結び付くものとはいえず,

上告人らに対して上記国歌斉唱の際の起立斉唱行為を求めることを

内容とする本件各職務命令は,上記の歴史観ないし

世界観それ自体を否定するものということはできない。

 

また,上記国歌斉唱の際の起立斉唱行為は,

その外部からの認識という点から見ても,特定の思想又は

これに反対する思想の表明として外部から

認識されるものと評価することは困難であり,

職務上の命令に従ってこのような行為が行われる場合には,

上記のように評価することは一層困難であるといえるのであって,

本件各職務命令は,特定の思想を持つことを強制したり,

これに反対する思想を持つことを禁止したりするものではなく,

特定の思想の有無について告白することを

強要するものということもできない。

 

そうすると,本件各職務命令は,これらの観点において,

個人の思想及び良心の自由を直ちに制約するものと

認めることはできないというべきである。

 

(2) もっとも,上記国歌斉唱の際の起立斉唱行為は,

一般的,客観的に見ても,国旗及び国歌に対する

敬意の表明の要素を含む行為であるということができる。

 

そうすると,自らの歴史観ないし世界観との関係で

否定的な評価の対象となる「日の丸」や「君が代」に対して

敬意を表明することには応じ難いと考える者が,

これらに対する敬意の表明の要素を含む行為を求められることは,

その行為が個人の歴史観ないし世界観に反する

特定の思想の表明に係る行為そのものではないとはいえ,

個人の歴史観ないし世界観に由来する行動(敬意の表明の拒否)と

異なる外部的行動(敬意の表明の要素を含む行為)を

求められることとなる限りにおいて,

その者の思想及び良心の自由についての

間接的な制約となる面があることは否定し難い。

 

そこで,このような間接的な制約について検討するに,

個人の歴史観ないし世界観には多種多様なものがあり得るのであり,

それが内心にとどまらず,それに由来する行動の実行又は

拒否という外部的行動として現れ,

社会一般の規範等と抵触する場面において,

当該外部的行動に対する制限が必要かつ合理的なものである場合には,

その制限によってもたらされる上記の間接的な

制約も許容され得るものというべきである。

 

そして,職務命令においてある行為を求められることが,

個人の歴史観ないし世界観に由来する行動と異なる

外部的行動を求められることとなる限りにおいて,

当該職務命令が個人の思想及び良心の自由についての

間接的な制約となる面があると判断される場合にも,

職務命令の目的及び内容には種々のものが想定され,また,

これによってもたらされる上記の制約の態様等も,

職務命令の対象となる行為の内容及び性質並びに

これが個人の内心に及ぼす影響

その他の諸事情に応じて様々であるといえる。

 

したがって,このような間接的な制約が許容されるか否かは,

職務命令の目的及び内容並びにこれによってもたらされる

上記の制約の態様等を総合的に較量して,

当該職務命令に上記の制約を許容し得る程度の必要性及び

合理性が認められるか否かという観点から判断するのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク