高等海難審判庁の裁決が適法であるとされた事例

(平成22年11月30日最高裁)

事件番号  平成20(行ヒ)166

 

この裁判は、

明石海峡航路北側の航路外で西に向かう甲船と東に向かう乙船が

衝突した事故について,海技士である甲船の船長を戒告とした

高等海難審判庁の裁決が適法であるとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

上記事実関係等によれば,上告人は,霧による視界制限状態の下で

明石海峡航路をこれに沿って航行中,

レーダーによる見張りが不十分で第2号灯浮標を見落としたために

航路屈曲部に沿って左に転針することをせず,

その後レーダーにより前方1400mの位置にぬのびきを探知しながら,

航路内にいる漁船であって明和丸を避けるものと軽信して

その動静監視を十分に行わず,ぬのびきと著しく

接近する事態を避けることができなくなったのに,

針路を保つことができる最小限度の速力に減ずることも

必要に応じて行きあしを止めることもせずに進行して

明和丸をぬのびきに衝突させたものであって,本件事故は,

上告人が職務上の過失により招いたものということができる。

 

上記のとおりの本件事故の態様や

上告人の過失の内容,前記のとおり

両船舶に損傷が生じ2名の者が傷害を負ったという結果に加え,

ぬのびき船長も本件事故につき職務上の過失が認められるとして

戒告の裁決を受けていることとの権衡を考慮すれば,

上告人を戒告とした本件裁決は適法というべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク