鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律16条にいう「人家稠密ノ場所」

(平成12年2月24日最高裁)

事件番号  平成9(あ)1299

 

最高裁判所の見解

鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律一六条が

「市街其ノ他人家稠密ノ場所」等における銃猟を禁止しているのは、

このような場所において銃器を使用して狩猟をすることが

他人の生命、身体等に危険を及ぼすおそれがあるので、

これを防止することなどを目的とするものである。

したがって、同条にいう「人家稠密ノ場所」に該当するか否かは、

右のような同条の趣旨に照らして判断すべきところ、

原判決の認定及び記録によると、

被告人が狩猟のため散弾銃を発射した場所は人家と

田畑が混在する地域内にあり、発射地点の周囲半径

約二〇〇メートル以内に人家が約一〇軒あるなどの

状況が認められるのであるから、

右場所が「人家稠密ノ場所」に当たるとした原判断は相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク