麻酔医の注意義務

(平成21年3月27日最高裁)

事件番号  平成19(受)783

 

この裁判は、

全身麻酔と局所麻酔の併用による手術中に生じた麻酔による

心停止が原因で患者が死亡した場合において,

麻酔医に各麻酔薬の投与量を調整すべき注意義務を怠った過失があり,

同過失と死亡との間に相当因果関係があるとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

本件手術における麻酔担当医であるC医師は,

プロポフォールと塩酸メピバカインを併用する場合には,

プロポフォールの投与速度を通常よりも緩やかなものとし,

塩酸メピバカインの投与量を通常よりも

少なくするなどの投与量の調整をしなければ,

65歳という年齢のAにとっては,

プロポフォールや塩酸メピバカインの作用が強すぎて,

血圧低下,心停止,死亡という機序をたどる可能性が

十分にあることを予見し得たものというべきであり,

そのような機序をたどらないように

投与量の調整をすべき義務があったというべきである。

 

ところが,前記事実関係によれば,C医師は,

全身麻酔により就眠を得たAに対し,

2%塩酸メピバカイン注射液をその能書に記載された成人に対する

通常の用量の最高限度である20ml投与した上,

プロポフォールを,通常,成人において適切な

麻酔深度が得られるとされる投与速度に

相当する7.5mg/kg/時の速度で,

午後1時35分から午後2時15分過ぎまで40分以上の間持続投与し,

その間,Aの血圧が硬膜外麻酔の効果が高まるに伴って低下し,

執刀が開始された午後1時55分以降は

少量の昇圧剤では血圧が回復しない状態となっていたにもかかわらず,

投与速度を減じず,その速度が能書に記載された成人に対する

通常の使用例を超えるものとなっていた,というのである。

 

そして,その結果,午後2時15分過ぎに

Aの血圧が急激に低下する事態となり,それに引き続いて心停止,

さらに死亡という機序をたどったというのであるから,

C医師には,Aの死亡という結果を避けるために

プロポフォールと塩酸メピバカインの

投与量を調整すべきであったのに

これを怠った過失があり,この過失とAの死亡との間には

相当因果関係があるというべきである。

 

本件において,C医師がプロポフォールと塩酸メピバカインの

投与量を適切に調整したとしてもAの死亡という結果を

避けられなかったというような事情はうかがわれないのであるから,

プロポフォールと塩酸メピバカインの投与量を

どの程度減らすかについてC医師の裁量に

ゆだねられる部分があったとしても,

そのことが上記結論を左右するものではない。

 

原審は,塩酸メピバカインの投与量を減らしたとしても,

その程度は麻酔担当医の裁量に属するものであり,

その減量により本件心停止及び死亡の結果を

回避することができたといえる資料もないから,

死亡と因果関係を有する過失の具体的内容を

確定することはできないとするけれども,上記のように,

本件の個別事情に即した薬量の配慮をせずに

高度の麻酔効果を発生させ,これにより心停止が生じ,

死亡の原因となったことが確定できる以上,これをもって,

死亡の原因となった過失であるとするに不足はない。

 

塩酸メピバカインをいかなる程度減量すれば心停止及び

死亡の結果を回避することができたといえるかが確定できないとしても,

単にそのことをもって,死亡の原因となった過失が

ないとすることはできない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク