タクシー会社におけるストライキ (平成4年10月2日最高裁) 事件番号  平成1(オ)676   最高裁判所の見解 ストライキは必然的に企業の業務の正常な運営を 阻害するものではあるが、その本質は労働者が 労働・・・