共同抵当の目的となった数個の不動産の代価を同時に配当すべき場合 (平成14年10月22日最高裁) 事件番号  平成13(受)1567   最高裁判所の見解 (1) 競売申立書に明白な誤記,計算違いがある場合には・・・